弁護士としての転職 一般企業という選択肢をお考えの方へ

弁護士の転職先と言えば、まっさきに法律事務所をイメージする人が多いと思いますが、実はそれだけではありません。

最近では一般企業に転職する弁護士「インハウスローヤー」も増えています。

インハウスローヤーの特徴としては、法律業務のみをする法律事務所と違って、企業内のプロジェクトに関わったり、法務関連部署に在籍して社内の法規制を徹底させるような役割をしたりします。

今まで弁護士事務所に在籍していた人にとってはとても新鮮な環境だと思います。

また、インハウスローヤーを募集する企業は大規模なところが多いため、日々多くの人たちとコミュニケーションをしながら業務をすることができ、人脈拡大も期待できます。

キャリアや人脈の幅を広げるために一般企業に転職希望をする弁護士も多くなっています。

ではここで気になるのが、一般企業とはどういう企業を指すのかということではないでしょうか。

弁護士求人を出す一般企業には、総合商社やメーカー、不動産会社や銀行などがほとんどです。

総合商社やメーカーでは、契約書の締結や紛争対応がメインとなってきます。

プロジェクトの一員として参加することも少なくないようです。

不動産会社では、契約書に加え、登記関連や知財関連に関わることも多いでしょう。

銀行では、サービス内容が法的に問題ないかのチェックや法改正時の対応、また行内の統治などに対応することになります。

大手企業は、福利厚生も充実しており、残業も短縮するようになっています。

そのため、ワークライフバランスを重視する人にもおすすめです。

◎関連記事:弁護士の仕事なぜ多様化? 会社・役所・学校も舞台に|出世ナビ|NIKKEI STYLE